コンテスト 筋トレ

2019年 ミスターオリンピア注目選手まとめ!

2019年9月8日

  1. HOME >
  2. 筋トレ >
  3. コンテスト >

2019年 ミスターオリンピア注目選手まとめ!

2019年9月8日

9月12日-15日にかけて行われるミスター オリンピア。世界中の選手が一堂に会するボディビル世界最高峰の祭典です。

各カテゴリー今年は誰が優勝するのか!?

今回はオープンクラス、212ボディビル、メンズフィジークに絞って注目選手を紹介したいと思います。

オープンクラス

体重無差別級のザ・ミスター オリンピア。

注目ポイント

昨年王者のショーン・ローデンが婦女暴行疑惑でまさかの不参加。2位 フィル・ヒースも不参加を正式表明。本命不在のオープンクラスで誰が優勝してもおかしくなさそうです。

ブランドン・カリー

2018年 ミスターオリンピア5位。

今年のアーノルドクラシック コロンバス オハイオでは、同大会に出場するウィリアム、ローリーを抑えて優勝しています。

実際のサイズ感は十分になり、弱点でもある脚を克服すれば初優勝の可能性は十分に高いです。

ローリー・ウィンクラー

2018年 ミスターオリンピア3位。

とにかくデカい身体。規格外のバルクモンスター ローリー・ウィンクラー。

最近の絞りやプロポーションを意識した審査にどこまで魅力が伝わるか。

デキスター・ジャクソン

2018年 ミスターオリンピア7位。

今年はタンパプロで優勝し、まだまだ通用することを証明。今年50歳ですが、コンディションと絞りを最大限に活かせば上位入賞も狙えるか!?

212ボディビル

ミスター オリンピアではサイズの小さいボディビルダーのために、2008年に202ポンド(約92kg)クラスというカテゴリーを新設した。その後、2012年に212ポンド(約96kg)に引き上げ現在に至る。

注目ポイント

今年の212ポンドクラスでは、絶対王者であるフレックス・ルイス選手が出場しないことが決まっているので、誰が優勝するのか注目が集まっています。

また、日本人のプロボディビルダーである山岸選手が出場するのもこのクラスになります。

デラク・ランスフォード

フレックスの出場がない中で、今年の本命視されているのが2018年 212ポンドで2位になった。デラク・ランスフォード選手まだ26歳と若く才能あふれる選手。

サイズは十分にあるので、コンディションが整えば、優勝を十分に狙えます。

山岸秀匡

我らが日本代表の山岸秀匡選手

ヨーロッパ ダラスプロで優勝し、オリンピア出場資格を獲得しました。

近況の動画を見る限り、コンディションは非常に良い様子です。自身最高位である3位入賞を超えられるか期待したいです。

カマル・エルガージニ

リビア出身。ほぼ無名に近かった2018年 オリンピアでいきなり3位入賞。

昨年もアーノルドクラシックでは優勝もしており、実力は証明済みです。

メンズフィジーク

全体的な筋肉とプロポーションを競い合うフィジーククラス

注目ポイント

昨年 オリンピア フィジーク4連覇のジェレミーが敗れ、新しい王者が現れました。

ジェレミーは大会後引退を表明しているため。今年は不参加です。

王者 ブランドン・ヘンドリクソンの牙城を誰が崩すのか?それとも死守か?

ブランドン・ヘンドリクソン

2018年 ミスターオリンピア フィジーク王者

現在のコンディションを見る限り抜群に仕上げてきています。今年の大本命。

2連覇を手にするか!?

レイモント・エドモンズ

2018年 ミスターオリンピア フィジーク2位

背も高く、バランスのいい選手ですが、大きい大会での優勝経験はなし。

昨年は僅差でブランドンに敗れてしまいましたが、実力はほぼ互角。

当日までのコンディションやポージングで勝負が分かれそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Raymont Edmondsさん(@raymontedmonds)がシェアした投稿 -

-コンテスト, 筋トレ

Copyright© Friends Farms Official Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.